私たちの人道支援about us

私たちの人道支援

Japanese Association for TFT Humanitarian Assistance Committee (JATFT-HAC)とは日本TFT協会内の人道支援活動を担当する委員会です。TFT有資格者を中心に、全国のTFT専門家やパートナーの方々、医療機関や公的機関、教育機関などの各組織とも連携し、全国で起きる地震・風水害などの自然災害や大規模事故等の被災者への人道支援活動を展開しています。

JATFT-HACのミッションステートメントは、主に災害ストレスの症状を軽減し、コミュニティの回復能力を向上させることを目的としています。これらの活動はTFT専門家およびTFTパートナーを中心に、地域コミュニティの対人支援職の方々によって行われます。JATFT-HACより派遣された支援スタッフは、TFT療法のトレーニングと臨床サポート、そして被災地の消防・警察・自衛隊・行政職員や医療スタッフなどの支援者に対するメンタルサポートケアを提供します。

日本国内での最初の派遣活動は、2007年の長崎県佐世保市のスポーツクラブでの銃乱射事件における、スポーツクラブ従業員に対する緊急メンタルケアへのアウトリーチでした。その後も、2011年の東日本震災支援、2016年の熊本大分震災支援、2018年の西日本豪雨災害、北海道胆振東部地震、2020年の新型コロナウィルスのパンデミックなど、全国各地に活動を展開しています。